アンクルのラック付け

製造から50年以上経つcal.1210のアンクルです。メーカーでの修理受付は終了しているムーブメントです。

人工ルビーで出来た爪石を止めているラックが経年変化で無くなっています。

これがラックで止まっていないと爪石が動いてしまい容易に時計は止まってしまいます。

アンクル本体に焼きが入らないように、ラックに熱を与え溶かします。冷え固まると完成です。

ロレックスRef6694等、Cal.1215の修理お申し込みは【お問い合わせ・アポイント】よりお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA