テンプ油の有無

 どちらに油が入っているかわかりますか?

答えは右の画像です。受け石と呼ばれる人工ルビーの内側に一回り小さな円を描いた白い線が確認できると思います。

それが毛細管現象で留まっているテンプの潤滑油です。

当アトリエでは、左の画像のようにそれが確認できなければ【油切れ】と判断しオーバーホールをお勧めしています。

この僅かな量の油は5年もすれば、受け石でカバーされているとはいえ乾いてしまいます。

ご購入または前回メンテナンスから3-5年を目安にすると良いかと思います。

郵送でのメンテナンス修理もお受けしています。お問合せ・アポイントよりお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA