新旧GMT MASTERの比較

Airy’sのメンテナンス修理は新旧を問いません。たまたまRef1675とRef116710LNのメンテナンスのご依頼いただきましたので比較しいてみました。右が1675左が116710LNです。

カレンダー機構の比較です。116710LNには最新の早送り機構がついています。1675はデイトジャスト機能のみです。黒丸で囲ったところがデイトジャストです。赤丸がカレンダー早送り機構、当然1675にはついておりません。

針の付く順番にも違いがあります。Cal1500系のGMT針は一番下につきますが、Cal31系は短針が一番下のつきます。

Rolex GMTMASTERのメンテナンス無料見積もりはこちらからお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA