Rolex Ref116508G オーバーホール事例

Cal4130のメンテナンスの紹介です。針を外したところです。

ローターユニットを外すと角穴車が錆で汚れていました。

角穴車を汚した錆びの原因は、上部に位置する切り替え車のホゾが油切れにより錆びつき削れてしまい、その錆の粉が下に位置する角穴車に降ってきたという具合です。

切り替え車は受けなどに接触はなかったので、今回はこのままメンテナンスを進めていきます。次回はメーカー修理をお勧めいたしました。

溶剤を用いた超音波洗浄後、慎重に組み上げていきます。

次にクロノグラフパートを組み上げていきます。3針・4針と比べると倍の時間を有します。

針を取付完了です。

【オーバーホール】35000

【ライトポリッシュ】5000

【納期】3週間

【合計】40000

Rolex DAYTONAの無料見積もりはこちらからお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA