Rolex Ref16520 オーバーホール事例

もはや雲の上の存在の16520のP番です。

分解しながら、不具合を探していきます。定期的なメンテナンスを行っている綺麗な個体です。

輪列を組んだ画像がありませんが、ベース部を組んだところです。

クロノグラフパートはベースの上に乗ります。ゼニス社のエル・プリメロがベースのCal.4030は昔ながらのキャリングアーム方式のムーブメントです。現行ムーブメントのCal.4130とはクロノグラフのメカニズムが異なります。

スモールセコンドがブラウンチェンジしつつある非常に人気の高い替えの効かないダイアルです。慎重に針をセットしケースに収めて完成です。

【オーバーホール】35000円

【新品仕上げ】10000円

【納期】3週間

【合計】45000円

Rolex Ref16520の無料見積もりはこちらからお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA