Rolex Ref69174オーバーホール事例

油が切れてしまい、錆が発生してしまっています。これ以上放置すると丸穴車交換などが必要となり基本料金で収まらなくなってしまいます。場合によってはメーカー修理をお勧めすることとなります。画像は洗浄前洗浄後の比較です。

リューズは外装部品の中でも汚れやすく、その汚れによって破損しやすいパーツです。オーバーホールの際は画像のようにしっかりとケアしたいところです。

分解の様子です。この段階でほとんどの修正・調整を行っています。

超音波洗浄後、専用工具で巻き上げたゼンマイを香箱に収め組み上げ開始です。【きれいに】【安全に】を最優先に作業を進めていきます。

文字盤と針をセットしたら、研磨・超音波洗浄を施したケースに収めます。

ランニングうテスト後、研磨・超音波洗浄を行い綺麗になったブレスをつけて完成です。

妻から見ると私の梱包はイケてないとの事ですので…妻が梱包を考えてやってくれることになりました。今回はこんな感じです。

 

【オーバーホール】28000

【新品仕上げ】10000

【裏ブタパッキン】1000

【リューズパッキン】500

【納期】3週間

【合計】39500

ロレックスRef69174のメンテナンス無料見積もりはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA